事業指定寄付プログラム

〇対象事業

【事 業 名】 捨てられた命を救おうプロジェクト

【申 請 者】 にゃんと・ボランティアネットワーク 長谷川俊治

【寄付目標額】 1,000,000円

【事業内容及び申請者からのPR】

〇申請者からのPR

にゃんと・ボランティアネットワークでは、動物と人が互いに快適に共生できるような社会を目指します。外飼いの猫が他人に迷惑をかけたり、野良猫が地域住民の暮らしに悪影響を及ぼしたり、多頭飼い崩壊を起こした猫たちが虐待やいじめの対象となっていたりと社会問題にもなっています。保護活動をして、適切な医療処置を行い、家族になってくださる方を探しています。

今、活動資金が少なく、猫たちの病気も治してあげられず、生きていくだけの生活も守ってあげられなくなりそうな状況となっています。

困っている子たちに救いの手をお願いします。

猫たちも私たちと同じように、生きる資格はあります。

あなたの優しい気持ちが、猫たちを救います。

猫も人も過ごしやすい社会を作っていきましょう。

〇事業内容

猫の保護、医療処置、譲渡活動、適切な飼育の仕方の啓もう活動

d8c4282b27ba4da0ea4db374c7d7d4fa.png

〇対象事業

【事 業 名】子どもの権利条約フォーラム2020in南砺

【申 請 者】子どもの権利条約フォーラム2020in南砺実行委員会 実行委員長 小神昌彦

【寄付目標額】500,000円

【事業内容及び申請者からのPR】

南砺市は、子どもたち一人ひとりが大切にされるまちになるべく、「南砺市子どもの権利条約」の制定に取り組んでおられます。そこで、より多くのみなさんに「子どもの権利条約」を知ってもらうために1993年から毎年開催されている全国フォーラムが、今年は南砺市で開催されることになりました。

コロナ禍においての全国大会は「なんと キッズ ライツ フェス」と銘打ち、南砺会場だけではなく、全国のサテライト会場をオンラインでつなぎ、尾木直樹氏の基調講演や、大会に参加している子ども実行委員の声を届けていきたいと考えています!

未来は子どもたちが作っていきます。子どもたちの可能性を信じて、輝くことのできる社会になるよう「子どもの権利条約フォーラム2020in南砺」に取り組んでまいります。地域の企業、団体、個人のみなさまに本大会の趣旨をご理解いただき、支援者として協賛をお願いしたいです。

すべては子どもたちの笑顔のために。ご協力、よろしくお願いします。

日程:11月14日(土)~11月15日(日)

場所:南砺市福野創造センター「ヘリオス」

内容:子どもによい環境について学び、親子で楽しめる様々なワークショップも開催します。

1.【メインホールイベント】 尾木直樹氏基調講演+子ども実行委員とのシンポジウム

2.【交流会 】 全国の子どもたちを繋ぎます。

3.【分科会】 明橋大二氏、種部恭子氏 他

4.【展示コーナー】 県内外の各団体の紹介

5.【こどもギャラリー】 子どもたちの作品を紹介

6.【ほのぼのマルシェ】 おいしい物やワークショップ

7.【なんとブース】 開催地・南砺のいいもの発信!

7bb9f959b8abe1f2caf1305c12643dd2.png